「相撲部屋の幸せな猫たち」について

東京にある荒汐部屋で暮らす、猫のモルとムギ。
ノラ猫と捨て猫だった二匹は、荒汐部屋の家族になりました。
モルはモンゴル語で「猫」を意味する言葉で、力士の蒼国来関が名付け親です。
荒汐部屋での、モルとムギの幸せな日常をのぞいてみませんか?

  • チラ見せ画像1
  • チラ見せ画像2
  • チラ見せ画像3
  • チラ見せ画像4
  • チラ見せ画像5

荒汐部屋の猫たち

モル

モル

福岡のノラ猫だった。
荒汐部屋が九州場所のときに拾われ、そのまま一緒に東京で暮らしている。
今年12歳。お外にも散歩に行く、元気で人懐っこい子。

ムギ

ムギ

荒汐部屋の前にある駐車場に捨てられていた、元捨て猫。
荒汐部屋の3階にある、力士たちのプライベートフロアからは出てこない。
とっても人見知り。

荒汐部屋

書籍情報

おとなりコンプレックス 1

リブレ
「相撲部屋の幸せな猫たち」

著:荒汐部屋
写真:安藤青太
発売:2016年10月7日
価格:1,200円+税

2 3 4 5
ページトップへ ▲