真夜中アイドル「モザチュン」
twitter
メニュー

CD

キャストインタビュー

左から順に...河本啓佑さん、生田鷹司さん

――VOL.3 収録のユニットソング『Monochrome Desire』『Still』のレコーディングの感想をお願い致します。

河本)

それぞれテイストの違う、でもこれぞVAn≠ishというような、カッコ良く大人の色気たっぷりの2曲でした。
いかに高崎伊織の良さを出せるかというところに頭を悩ませましたが、鷹司くんの歌を聴いてからレコーディングできたのでとても自然に歌えたかなと思います。

生田)

みんなで歌った『モザイク・スターズ』や『Day Night VS』とは雰囲気が違う楽曲なので、貴彦の新しい1面を出せたかなと思います。
バンド感あふれる『Monochrome Desire』はリズムやメロディが難しく難解でした!
貴彦のセクシー感も出しつつ、熱くどう歌うのか。深く考えるよりは心に聞け!という感じで最終的に自由に歌いましたね(笑)

『Still』は切ないオシャレなポップス曲で、今まで僕自身歌ったことなかった曲調だったので、不安とワクワク半々でレコーディング臨みました。
実際歌ってみるとサビのメロディの切なさと歌詞の儚さも相まって、楽しいと悲しいが入り交じった複雑な気持ちで歌ってる自分がいましたね(笑)
合間のラップもガイドメロがなく自由にどうぞ!という箇所もあったので、好き放題やらせていただきました。

――VOL.3 収録のユニットソング『Monochrome Desire』『Still』のお気に入りのフレーズを教えてください。

河本)

『Monochrome Desire』はサビでこのタイトルを繰り返し歌う所が凄く盛り上がるので好きです。
あと「今夜こそ"野蛮"〈オトコ〉になってもいい?」もワイルドで良いですね!

『Still』はサビもラップも大好きなんですが、「ふとした瞬間に頭の中で鳴り響く」と「満たされない日々宙にぶら下がり続けてる」の所のリズムがとっても好きです。

生田)

『Monochrome Desire』のお気に入りフレーズはDメロの『最後のキスはお前から背伸びをしなよ』ですね。
メロディも伸びやかで決めの部分なのでレコーディングでもがっつり歌うか上から目線で歌うか悩んだのですが、「貴彦なら上から目線でニヤつきながら言うだろうな」と歌ったところバッチリハマったので気に入ってます!

『Still』はサビの「I still love ほんと、愛でした」ってフレーズがお気に入りですね。
結局色々あって、先に進むけど何度だって思い出してしまう自分がいて。
それまでのサビで愛なのか問うていたのに、ラスサビで「愛でした」と確信を持ってしまう瞬間に儚さや切なさを感じます。

――ドラマパートで印象に残ったシーンを教えてください。

河本)

伊織と貴彦のお互い素直じゃないやりとりは演じていて楽しかったです。
回想シーンの、凄く近くにならないけど絶対に遠くには行かない、ちょうど良い距離を取りながらの伊織なりの優しさは、貴彦への信頼感が見えてとてもグッときました。
新たな伊織の一面が見られる妹への電話の所も面白かったですね(笑)

生田)

今回は先輩後輩の繋がり(?)が深まる内容と伊織と貴彦の過去の回想シーンが印象的でしたねー。
前者のシーンでは、頼られるけど何だかんだあしらう貴彦だけど、最後に「最近はお前らのこと別に嫌いじゃないし」とかツンデレを見せるとこはなんだかんだ認めてんじゃんと微笑ましく思いました!
回想シーンは、澪脱退を引きずる貴彦をあくまで対等な立場としてたしなめてる伊織。
この2人の子供っぽさと大人らしさが合わさって夫婦みたいな(?)雰囲気を感じられるのがとても良いですねー、印象的でしたねー、良いですねー(笑)

ILLUST: 小田すずか

COMIC: 仁茂田あい

PRODUCE: こいけゆき

Copyright© モザチュンプロジェクト All Rights Reserved.